前へ
次へ

原子力発電から太陽光発電へのうねり

2011年の原子力発電所の事故を受けて、政府は代替エネルギーとなる太陽光発電を推進することに舵を取りました。
政府の動きにいち早く反応したのが民間であり、自然エネルギー発電を積極的に取り入れる動きを見せたのです。
原子力発電所の事故は、国民にとって大きな衝撃を持って受け止められ、より安全性の高い自然エネルギー発電への関心が大いに高まりました。
その影響からか、自宅にソーラーパネルを設置して自家発電をし、余った電力を発電所に売るという取り組みが草の根で広がっていったのです。
代替エネルギーに対する国民の関心の高まりとともに、政府は補助金を出すことで普及を促しました。
太陽光発電システムを導入することで、導入に際して政府から補助金を受けることができるので、それが普及につながったのです。
現在では自宅の屋根にソーラーパネルを設置している家が増えてきました。
政府と民間が一眼となって太陽光発電システムの普及に取り組んだのです。

Page Top