前へ
次へ

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電は、家の屋根に太陽の光が当たることを通して発電する材質のパネルの取り付けを行います。
太陽光を利用することによってパネルの太陽電池からつくられた電力を、パワーコンディショナーによって電力会社と同じ様な電力へチェンジするシステムです。
パワーコンディショナーは、パネルでつくられた直流電力を、交流電力に交換する装置をいいます。
加えて、変換した電力は、家で用いられる家庭電化製品へ供給されます。
太陽光から供与できる電力へチェンジするためには、太陽光パネル及びパワーコンディショナーのみならず、接続箱や分電盤などが求められます。
接続箱は、太陽電池からの配線をひとつにまとめパワーコンディショナーへ送るためのものになります。
分電盤は、家にある家庭電化製品の配線へ電気を分散させます。
一般的に言うと、太陽光発電は電力会社と結びついているため、太陽光による電力が消費電力以上となったときには電力会社へ電気を送り出し、買い取りしてもらうことができます。

Page Top