前へ
次へ

太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電の仕組みについて考察してみました。
まず最初にどんな仕組みで発電がなされるのかを知らなければなりません。
これはシリコン半導体の光電効果を利用して太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するという原理です。
つまりシリコン半導体に太陽の光線を当てることで、シリコン半導体内で電子が飛び出して電気が流れるという比較的単純な原理です。
近年広大な空き地などを利用して太陽光発電事業に乗り出す企業や個人が増えてきています。
それには政府の後押しがあるからです。
太陽光線は当たり前ですが無尽蔵です。
それで再生可能エネルギーなどと称されています。
再生可能エネルギーである太陽光線を使って電気を得るということのメリットはとても大きいです。
例えて言えば無限のエネルギーを手にすることができるということです。
自分で使うことができますし、余ったぶんは電力会社に販売することができるのです。
この余剰電力の販売については政府が後押ししてくれているので確実に収益を上げることができます。

Page Top