前へ
次へ

自家消費用太陽光発電の特色

自家消費用太陽光発電と言うのは、発電システムを利用することによって発電した電力を自分の会社の事業に応用することをいいます。
太陽光発電の電力であらゆる電力需要を賄えないと、電力会社より電気を購入することもできます。
一部分を太陽光発電と入れ替えるのみでも、かなり効果があります。
効果のひとつは、自家消費によって、月ごとの電気代をカットできることだと言えます。
自家発電した電気を使うケースで、電気料金は発生しません。
しかも、夏の真っただ中の昼のような電力需要の最盛期に電力使用量に限度を設けるピークカットでの永続的なコスト削減効果があります。
また、産業用の料金プランは、契約電力に呼応して基本料金が求められます。
契約電力が多いほど基本料金も高額になります。
これを予防するには、短時間中に使用される電力量を抑制することが効果的です。
契約電力を増加させがちなのは日中といえます。
エアコンの需要が増大するタイミングといえます。
これに関しては、発電量がピーク時期を迎えるタイミングともいえます。
詰まるところ、太陽光発電の電力を用いることが、基本料金を押し下げることに結び付くといえます。

Page Top