前へ
次へ

太陽光発電で大切なのがモジュールの変換効率

近年太陽光発電などの事業に乗り出す企業や個人が増えてきています。
それには理由があります。
政府の後押しもあって、この太陽光発電事業を推進すれば、少なくとも5年間くらいは安定した利益が見込めるからに他になりません。
太陽光発電以外ではこのような特別な恩恵を受けられるようなものはありません。
このようなわけで太陽光発電事業に乗り出す企業や個人が増えているのでしょう。
この発電システムでは変換モジュールの変換効率がポイントとなります。
発電モジュールにはいくつかの種類がありますが、その種類によって太陽光を電気に変換するときの変換効率が違うのです。
太陽電池が受けた光のエネルギーの何パーセントくらいを電気エネルギーに変換できるのかということで数字が規定されています。
変換効率が高いほど発電効率は高くなりますが、それだけモジュールのお値段も高くなるという計算になります。
ここは費用対効果で考えるのが得策です。
事業にかかった費用とそれにかかわる収益で比較検討するという方法です。

Page Top