前へ
次へ

太陽光発電ってなんだろう

電気がなければ生活できないといっても過言ではなくなっているのが現代社会です。
とはいえ、電気はどこかから湧いて出でくるものではなく、まずは作らなければなりません。
昔は化石燃料などを利用していましたが、これらは有限です。
そこで現在では降り注いでいる太陽光を利用して発電するシステム、つまり太陽光発電を利用する人も増えています。
特に増えてきたのが東日本大震災の時からで、この時に電気は供給されるものではなく自分たちでもまかなっていくものという意識が広まっていきました。
ただ太陽光自体はそのままでは電気として利用できませんが、パネルに太陽光を当てる事によって、電気を作り出すことができるようになっています。
しかしそのパネルに照射した太陽光は100%電気に変換されるという訳ではありません。
今後研究開発が進み、より機能が高いパネルが出てくると、小さな太陽光発電のパネルでかなり大きな電気を作り出すことが可能となっていきます。

Page Top